【1/26】真言宗と浄土真宗のお坊さんが「大喜利法話」でバチバチに火花散らす!?

「シネマ法話」の開催でも記憶に新しい、東京・銀座にあります築地本願寺GINZAサロン。様々な講座や体験が企画されているこちらのサロンにて、また一つ、気になる法話会が開催されます。その名も「大喜利法話」

今回ご紹介する「大喜利法話」は「笑点」で行われている「大喜利」のように、お題に対して即興でお坊さんがお話をするというもの。「宗派が違うと何がちがう?」をテーマとして、真言宗と浄土真宗のお坊さん4名が登壇されるそうですが、宗派を超えてこのような即興法話を行うというのは、今回がなんと初めての試みなのだとか。

お題は、参加者の皆さんからもお出しいただくそうで、日頃の悩みや疑問、日常のモヤモヤなどに沿ったお題から、お坊さんたちが仏さまの教えに照らしてお答えをしてくださるそうです。同じお題に、真言宗と浄土真宗のお坊さんがお話をしてくださるわけですが、もしかしたら、その答えにも違いが出てくるかもしれません。そんな違いを発見したり楽しんだりするのが、今回の「宗派が違うと何がちがう?」というテーマの醍醐味となりそうです。

登壇してくださるお坊さんは、真言宗豊山派から円東寺ご住職・増田俊康(ますだしゅんこう)さん、西光寺ご住職・市橋杲潤(いちはしごうじゅん)さんの2名、そして浄土真宗本願寺派からは、浄照寺副住職・平井裕善(ひらいゆうぜん)さんと、真宗寺副住職・柏倉学法(かしわぐらがくほう)さんの2名。増田さんと市橋さんは、共に真言宗豊山派総合研究院の布教研究所研究員であるとともに、「自死・自殺に向き合う僧侶の会」の会員としても活動をされています。そして平井さんと柏倉さんは、お坊さんたちと気軽に話せる場作りを行う「僧職男子に癒やされナイト☆」のメンバーとして活動されるお坊さんです。

この4人によって繰り広げられる即興の仏教トーク。一体どんなお題が出され、お坊さんたちがそれぞれどんなお話をしてくださるのか!そして真言宗と浄土真宗のお坊さんの大喜利バトルの行方は!?気になる方はぜひ築地本願寺GINZAサロンに足をお運びくださいませ!

 

■大喜利法話 ~宗派が違うと何がちがう?~

日時 2018年1月26日(金) 19:00〜21:00
会場 築地本願寺GINZAサロン(東京都中央区銀座2丁目6-4 竹中銀座ビルディング5階)
料金 1,000円
お申込 サイトの申込みフォームからお申し込みください。(※サイトへの会員登録が必要です)
または 03-6263-0430までお電話ください。
その他 KOKOROアカデミー

 

彼岸寺

彼岸寺は、仏教とあなたのご縁を結ぶ、インターネット上のお寺です。 誰もが、一人ひとりの仏教をのびのびと語り、共有できる、そんなお寺です。