ふたりは もう ともだち


あとがき

5月は親鸞様のお誕生日、降誕会がお勤まりになります。「報恩講の歌」の2番にある、一人で阿弥陀様のお慈悲を喜んでいるのであれば、二人だと思いなさい、二人で喜んでいるのなら三人だと思いなさい、その一人は、私、親鸞ですよ、というお言葉が本当にありがたく、大好きなのですが、同じ道を同じように歩む人にであえることは、ごく稀なことかと思います。

だからこそのお声がけなのだと思います、けっして一人ではないぞ、と言ってくださっているのだ、と。いつも心にとどめ「喜ぶ」人でありたいものです。

にゃぁは、初めて共通点を持つ友人にであえました。これから二人がどう歩むのかまだわかりませんが、「喜ぶ」二人であってほしいなぁ、と願っています。

少しでも、多くの人に、広まりますように。なまんだぶ。


五月のおはなし「にゃぁとともだち」
第一話からどうぞ


二月のおはなし「にゃぁとしんせつ」はこちら
三月のおはなし「にゃぁとはぐくみ」はこちら
四月のおはなし「にゃぁとかかわり」はこちら

彼岸寺

彼岸寺は、仏教とあなたのご縁を結ぶ、インターネット上のお寺です。 誰もが、一人ひとりの仏教をのびのびと語り、共有できる、そんなお寺です。