今年もカレー1か月分が当たる!!仏教聖典のありがたいことばキャンペーン!

公益財団法人仏教伝道協会が刊行する『仏教聖典』は、これまでに世界で968万冊発行されています。さらに46か国語に翻訳され、日本だけでなく世界の多くのホテルの部屋にも設置されています。もしかしたら、宿泊した部屋で見かけたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

『仏教聖典』は1914年に木津無庵(きづむあん)師を代表として出版された『新訳仏教聖典』がもとになっています。この書籍には、大乗経典からパーリ語経典まで様々なお経の教えが詰め込まれており、現在でも数多くの著名な仏教学者の先生によって監修・改訂作業が行われています。

◆『仏教聖典』の詳細はコチラ 
https://bdk-seiten.com/scripture.php#scripture

このように多くの発行部数を誇ると同時に大変長い歴史を有している書籍ですが、中身を熟読したことがあるという方はあまり多くないのではないでしょうか?仏教の素晴らしい教えが詰まった本がこのまま読まれないことは大変残念で、もったいないことです。そこで、今年も昨年に引き続き「仏教聖典のありがたいことばキャンペーン」を開催することになりました。

仏教聖典のありがたいことばキャンペーンHP

このキャンペーンは、『仏教聖典』の中にある言葉をツイッターで「#仏教聖典2020」というハッシュタグをつけてつぶやいてもらうだけ、という実にシンプルな企画です。

2020年8月1日~10月31日までの期間中につぶやいてくれた方の中から抽選で5名の方になんと1か月分(30食分)の「カリー寺@尼崎のレトルトカレー」が当たります!期間中に1回でもつぶやけば、カレーが当たる可能性がありますし、多くつぶやけばつぶやくほど当選する可能性が上がっていきますので、みなさんもお気に入りの言葉を探して、ぜひつぶやいてみてください!

◆「カリー寺レトルトカレー」についてはコチラ
https://ppcurrytemple.com/

『仏教聖典』を持っていないという方は以下のページからPDFで読むことができますので、購入しなくても中身を読んで投稿することは可能です。
https://www.bdk.or.jp/pdf/buddhist-scriptures/01_japanese/TheTeachingofBuddha.pdf

また、『仏教聖典』は書店やAMAZONでも購入ができますので、もし興味をお持ちの方はぜひご購入下さい。

『仏教聖典』を読めば、間違いなく自分の心に刺さる仏様の素晴らしい言葉に出会うことができるはず。このキャンペーンを通して、仏教の教えの奥深さに改めて気づいていただければ幸いです。みなさまの投稿を心よりお待ちしております!

江田智昭

浄土真宗本願寺派僧侶。1976年生まれ、福岡県出身。早稲田大学社会科学部・第一文学部東洋哲学専修卒業。早稲田大学文学研究科東洋哲学専攻修士課程中退。 築地本願寺内の(一社)仏教総合研究所事務局に勤務の後、2011年~2017年までドイツ・デュッセルドルフのドイツ惠光寺において、ヨーロッパ開教や日本文化を発信する事業に携わる。2017年より(公財)仏教伝道協会に勤務。 2018年に「輝け!お寺の掲示板大賞」を企画し、話題を集める。著書に『お寺の掲示板』(新潮社)。連載に「「お寺の掲示板」の深~いお言葉」(ダイヤモンド社「ダイヤモンド・オンライン」)などがある。