【7/13(月)】若手宗教者のための当事者ミーティング開催

このたびの熊本・鹿児島、そして各地での大雨災害により被災されている皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

未来の住職塾(mirai-j.net)では、悩める宗教者同士が似た境遇にある人々とのつながりや対話を通じて、個人としての苦しさを克服する場を丁寧に作っていきたいという思いで「当事者ミーティング」というオンラインの集いを月1回開催しています。

【当事者ミーティングとは?】
未来の住職塾なりの「当事者研究」的な場として始めた取り組みです。
「当事者研究」は北海道浦河町「べてるの家」で生まれ育ったといわれるエンパワメントアプローチです。当事者の生活経験の中にある固有の悩みや苦しさを当事者同士で共有し、それを“大切な苦労“として捉え対話などを行ないます。その中から生きやすさに向けた「研究テーマ」を見出し、その人にあった自助や理解を創造していくプロセスです。

これまで「兼業住職」「お寺の女性」「過疎寺院」というテーマで開催し、各回20〜30名の当事者の方にご参加いただきました。事前にお願いしているスピーカーの方より「当事者同士だからこそ話したいこと」をシェアいただいた後、質疑応答やスピーカー間の対話で掘り下げていきます。同じ課題感や悩みを抱えていたり、やってみたいことが一致するなど和気あいあいと盛り上がります。

この集いの中で何か答えを出さなければいけないものではなく、共感によるエンパワメントや互助、そして自助の力を養う場となることを願っています。今後も各テーマの集いは継続していきます。(詳細レポートは以下のnote記事をご参照ください)

https://note.com/fbl/m/m5e72fc4bc915

次回7/13(月)は新たに「若手宗教者のつどい」というテーマを設けて、4名の若手宗教者の方による「今、話したいこと」の共有のあとブレイクアウトルームでのシェアリングやディスカッションなどを行います。

同じ年代だからこそ打ち明けられる悩みや、やってみたいと思っていること、興味のあること等、なんでも話せる場とできればと思います。

参加費は無料です。ご興味のある方は「参加資格」をご確認の上、ぜひともお申し込みください。

「若手宗教者のための当事者ミーティング開催」
日時:7/13(月) 19:00〜20:30
開催方法:オンライン(ZOOMミーティング)
モデレーター:松本紹圭(未来の住職塾 塾長)
参加費:無料
参加方法:Peatixよりお申し込み
申込みページ:https://u30meeting.peatix.com/
※ 事前にZOOMアプリのインストールをお願いいたします

参加資格:
1.U-30の方を中心とした若手宗教者
2.僧侶やそのご家族(配偶者や兄弟姉妹、後継者)など、伝統仏教寺院にて「宗教指導者」としての役割を担う方。僧侶のご家族については、僧籍の有無を問いません。

参考URL:
未来の住職塾 note
松本紹圭の方丈庵 note

遠藤卓也

1980年東京都生まれ。立教大学卒業後、IT企業で働く傍ら2003年より東京・神谷町 光明寺にて「お寺の音楽会 誰そ彼」を主催。10年以上続く活動において、地域に根ざしたお寺の「場づくり」に大きな可能性を感じ、2012年より住職向けのお寺経営塾「未来の住職塾」の運営に携わる。「お寺の広報」をテーマとする講演・研修や、お寺のHP・パンフレット制作などを手がける。また、音楽会やマルシェなどお寺での様々な「場づくり」もサポートする。共著書に『お寺という場のつくりかた(学芸出版社)』。趣味は音楽と妖怪。ビア好き。