【10/1】ココロ動かされる仏教体験!?『お寺でエモーション』開催

10月1日に和歌山で『お寺でエモーション』(略称『てら×エモ』)が開催されます。『落語に花咲く仏教 宗教と芸能は共振する』(朝日選書)で河合隼雄賞を受賞され、テレビ『100分で名著』ご出演などでおなじみの、釈徹宗先生による「新しい伝道の取り組みに関して」についての講演がこのイベントの柱となります。

また、ライブパートでは、釈先生と和歌山の大学院生廣田聡美さんがコンビとなり、ミュージックステーションのように出演者を紹介していきます。

出演者は、うたを通して浄土真宗のみ教えを発信する若手僧侶「LIFE SONGS プロジェクト」「おまけびと」。そして節談説教の安徳剛典さん。

LIFE SONGSとは、弾き語りライブを通して、いのちや人生についての思いを馳せる時間を共有するプロジェクトで、今回のライブテーマは「人生最後に聴きたい曲」です。龍谷大学実践真宗学研究科2回生の奥田章吾さんがMCを務め、大阪・京都を中心にライブ活動を行っている及川良生さんが、みなさんのよく知る名曲をカバーし、アコースティックギターの演奏とともに素敵な曲を届けます。

おまけびとは、筋肉少女帯が大好きな僧侶、岡山県光栄寺の佐藤知水さんと岐阜県長光寺の河野雅樹さんが、僧侶となる研修中に出会い結成したオリジナル仏教讃歌ロックバンド。自宅録音でオリジナルアルバムを作成しお寺やライブハウスで発表しています。仏教に出遇って込み上げてきた感情を等身大でコミカルな歌詞にして、ハードロックやフォークなどの曲にのせて歌います。

また、大阪府養善寺の副住職、安徳剛典さんによる節談説教も行われます。節にのせて語ることで、涙あり、笑いあり、人間の悲喜と真宗の教えを豊かに聞かせる法話を行っていきます。
今回は和歌山出身の画家の逸話を素材とした内容です。

お寺でココロをゆさぶられるコトバをきいてみませんか?きっと感情(emotion)が動く体験することができるでしょう!

〈てら×エモ〉とは?

今までご縁の無かった方や若い方々にとって、初めて出会うお葬式やご法事での浄土真宗のお話は、なかなか聞き慣れなくて親しみにくいことが多いと思います。 〈てら×エモ〉では、釈先生とアシスタントのご案内で、身構えなくてもココロとカラダで仏教を感じられることでしょう。

今のような多様な娯楽や双方向性のメディアの無かったころ、お寺での法座もまるで娯楽の1つのように広く人々に親しまれていました。そこではお年寄りも若者も一緒になってお話を聞くこと・感じることを無意識のうちに共有していました。 やがて時代は進み、様々なものがかなりのスピードで変化していく中でお寺と若い方々が離れてしまったような気がします。けれども、色々と便利になった現在でも、世代を問わず多くの人々がモヤモヤとした悩みを抱えているのではないでしょうか?

例えば人間関係の中でしんどいと思うことがあったり、自分の考えや価値観を大切にし過ぎて凝り固まってしまうことがあったり… 最近よく耳にする涙活(るいかつ)というようなものが若い人たちの中で流行ったりしているのもそのせいかも知れません。

笑ったり、泣いたり、感情を揺れ動かすことで、少しでもココロがスッキリしたり肩の荷が軽く感じられるようなイベントにしたいと思います。

今回の〈てら×エモ〉でご紹介するような、お話に音楽を取り入れてみたり、節をつけて演じてみたり、いろいろな方法で仏教のお話を伝えようと工夫しているお坊さんたちを紹介することで、若い方々と若いお坊さんたちが「仏教も面白いな」「お寺で感動できるんだ」と言う思いで繋がっていけたらいいなと思っています。

皆さまのご参加をお待ちしております!

日 時 2017年 10月1日(日)14〜17時
会 場 本願寺鷺森別院 (和歌山県和歌山市鷺森1番地)
料 金 無料 ※事前予約が必要ですので、下記メールアドレスからお申込ください。
定 員 200名
詳 細 本願寺鷺森別院  http://saginomori.or.jp
お申込 teraemo@saginomori.or.jp

 

彼岸寺

彼岸寺は、仏教とあなたのご縁を結ぶ、インターネット上のお寺です。 誰もが、一人ひとりの仏教をのびのびと語り、共有できる、そんなお寺です。