「ふるこはんフェス」に「天人ともに」。この秋は高岡のお寺がアツい!!

10月に富山県・高岡市にある2つのお寺で、音楽ライブを中心したイベントが開催されます。

一つは10月6日(土)に勝興寺さんで開催される「ふるこはんフェス」。もう一つは10月27日(土)に善興寺さんで行われる「The LIVE 天人ともに」です。どちらも音楽ライブだけでなく、マーケットなども楽しめるイベントとなっています。

・よみがえったお寺を地域のために「ふるこはんフェス」

「ふるこはん」という言葉は私も馴染みのない言葉で、「富山の方言かな?」と思ったのですが、勝興寺さんの寺基のある地名「古国府」から、〈ふるこくふさん→ふるこふさん→ふるこはん〉と呼ばれて親しまれたそうです。

そんな勝興寺さん、実に歴史のあるお寺で、かつては浄土真宗の中興の祖と言われる蓮如上人が越中の拠点とされ、その子孫が代々住職を務めるお寺なのだとか。さらに本堂を始めとした12棟の建物が国の重要文化財に指定されているというのですから驚きです。

そして現在、20年に渡っての保存修理を目的とした大改修が行われており、今年ようやく一部公開がスタート。改修の完成を前に、よみがえった勝興寺をかつてのように多くの人に親しんでもらいたいという思いから、「ふるこはんフェス」の開催が決まったのだそうです。

「ふるこはんフェス」の内容も実に充実。メインとなるのは夜の本堂で行われる音楽ライブ。演奏するのは、NYの地下鉄で演奏を行えるライセンスを持つなどアメリカで活躍し、現在は高岡を中心に活動するフォークロックバンド「Robin’s Egg Blue」。そのサウンドは、ときに優しく、そして力強さに溢れています。Youtube & Googleとのコラボレーションライブ映像をリリースするなど、幅広い活動にも注目を集めています。

もう一組はこちらもフォークロックバンドである「ROTH BART BARON」。サマソニやフジロックなどにも出演するなど人気を博すそのサウンドは、壮大なスケールと、ギターボーカルの三船氏の美しいハイトーンボイスが、どこかSigur Rosなどの北欧の音楽を想起させるような美しさを持っています。

二組のバンドが歴史ある本堂でどのような演奏をしてくれるのかとても楽しみです。

そしてもう一つ注目なのが、富山のお坊さんたちとのコラボレーション。若手僧侶(そしてイケメン揃い!)の皆さんによる「坊主Cafe&Bar」では、お坊さんたちとのおしゃべりだけでなく、バーテンダーとコラボしたオリジナル・カクテルが提供される他、「ブッダボール」と名付けられた「精進丼」も提供されます。どのような丼なのか興味と食欲がそそられます。そして本堂では、声明と雅楽という伝統的な法要の形にシンセサイザーの音色を加えた音楽法要が勤まります。荘厳な本堂の中をさらに美しく彩る法要を体験できる貴重な機会です。

さらに、DJとして登場するのもお坊さん。「お寺座LIVE」でおなじみの富山・善巧寺の雪山俊隆さんもDJを勤められるそうで、お寺の本堂でどのような選曲をしてくれるのかこちらもとても楽しみです。

他にも富山の美味しいものや、伝統工芸が盛んな高岡ならではのクラフトマーケットが勢揃い。ものづくりを体験できるワークショップや、クラフトビールも味わえます。さらには文化財に指定される建物を巡る解説ツアー(夜のナイトツアーも)も行われるなど盛りだくさんの内容となっております。

お寺と地域のお坊さん、そして地元の自治体関係者や大学生が一体となって作り上げたこのイベント、富山の方のみならず、多くの方に楽しんでいただきたいフェスとなっております。

・お寺から地域に文化をつなぐ「The LIVE 天人ともに」

こちらのタイトルも一風変わったものですが、その由来は約2000年前にインドに現れ、仏教に大きな影響を与えた龍樹(ナーガールジュナ)よってうたわれた「十二礼(らいはいのうた)」の冒頭句にあるのだとか。さらにこのタイトルを書いてくださったのは二階堂和美さん。柔らかなタッチが素敵ですね。

こちらの善興寺さんも由緒あるお寺で、2016年にはなんと開基1300年を迎えたというから驚きです。さらに日本を代表する板画家、棟方志功が富山に疎開していたときの交流があり、棟方志功の作品にも大きな影響を与えたお寺としても知られています。本堂に飾られる『御二河白道之柵』は必見です。

そんな芸術家や文化人との交流も深かった善興寺さんで今回行われるライブに登場するのは、「蓮沼執太&ユザーン」。電子音楽からクラシック、ヒップホップなど、ジャンルを大きく飛び越えるその音楽性が注目される蓮沼執太と、インドの打楽器タブラを巧みに操り、最近ではCMでもそのユニークさをいかんなく発揮するU-zhaanによる不定形ユニット。どんな演奏が飛び出すかわからない、現代音楽とインドの伝統楽器のコラボレーションが楽しめそうです。

そして境内では、マーケットも開催。カレーをはじめ、スイーツなどのフード、雑貨、そして西日本豪雨災害支援チャリティーのファミリーフリーマーケットも行われるそうです。

さらにライブの前には、ご住職とお寺の土曜学校に通う子どもたちによる勤行が行われるなど、善興寺さんがこれまで取り組まれてきた活動ともしっかりと繋がっているなど、文化と地域とが、お寺を通して繋がり合う、素晴らしいイベントとなりそうです。

高岡の歴史ある2つのお寺で開催されるイベント。音楽のみならず、そのお寺が培ってきた歴史や、土徳、地域の人との繋がりというものを五感を通して感じていただけたらと思います。

■ふるこはんフェス

日  時 2018年10月6日(土) 12:00~21:00
会  場 富山県高岡市伏木・雲龍山勝興寺 https://www.shoukouji.jp/
出  演 Robin’s Egg Blue、ROTH BART BARON
参 加 費 コンサートは投げ銭スタイルです。お気持ちでお納め下さい。
詳  細 ウェブサイト:https://www.furukohanfes.com/
FBページ:https://www.facebook.com/FurukohanFes/
主  催 高岡市歴史文化推進協議会
共  催 高岡市/高岡市教育委員会/アート&クラフトシティ高岡推進委員会/近世高岡の文化遺産を愛する会
企画運営 ふるこはんフェス運営委員会、(有)エピファニーワークス
お問合せ 高岡市歴史文化推進協議会 事務局 (高岡市教育委員会生涯学習・文化財課内) TEL:0766-20-1453

■The LIVE 天人ともに

日  時 2018年10月27日(土)
13:30〜15:00 西日本豪雨災害支援チャリティー ファミリーフリーマーケット開催
13:30〜17:30 雑貨・スイーツ出店
15:30〜17:30 フード・ドリンク出店
17:30   本堂OPEN
18:00〜 土曜学校生による勤行 法話
18:20〜 蓮沼執太&U-zhaanライブ
会  場 飛鳥山善興寺 (富山県高岡市中田4500-1)
出  演 蓮沼執太&ユザーン
チケット 前売り2,500円 当日3,000円 小中学生1,000円
お申し込みフォーム:https://goo.gl/8NRJHN
詳  細 「天人ともに」特設サイト:https://flying-bird-mountain.jimdofree.com/
善興寺ウェブサイト:http://zenkoji.or.jp
お問合せ 飛鳥山善興寺:0766-36-0008

 

 

日下 賢裕

不思議なご縁で彼岸寺の代表を務めています。念仏推しのお坊さんです。