嫁いでびっくり!お坊さんとの出会い編

初めまして!とあるお寺で「寺嫁」をやっているミナミと言います。 この度、彼岸寺で連載をスタートさせていただく事になりました。みなさま、どうぞよろしくお願いします。仏教にもお寺にも縁の無かった私が、お坊さんの彼と結婚する事になり、お寺でお仕事をしています。 場所は四国の山奥にある800年以上続くお寺。とてものどかで、昔ながらの田舎風景が広がる自然の美しい土地に暮らしています。森にはたくさんの野生動物がいて、ときどき鹿や猿、狸なんかに遭遇します。 季節ごとに、たくさんの種類の花が咲き、様々な生き物の鳴き声が聞こえてきます。 晴れた日の夜空は満点の星が頭上にあらわれます。 結婚を機にそんな場所へ移り住んでしまいました。まだ1年目ではありますが、本当に色々な事がありました。 楽しい事、楽な事、びっくりした事、大変だった事…悲喜こもごもの毎日を過ごしています。

 

旦那は田舎のお寺で生まれ育ち、両親、祖父と祖母と暮らしてきたお坊さん。一方私は、公務員の父に保育士の母、4つ上の姉、わんこ達と地方都市で暮らしてきた一般的な家庭の娘。そんな、生きてきた世界も暮らしも違う二人が、不思議な縁によって一緒になりました。楽しい事や面白い事もある反面、つらい事や苦労した事もたくさんあります・・・。 それでも、お寺のある生活をしていると、「仏教って面白いなあ」と思う機会も格段に増えました。 田舎で暮らすという事は、とても不便だし、刺激も少ないし、孤独に感じる時もあります。 しかし、それは工夫やアイディア、勇気さえあれば、とても楽しい物になる事も知りました。

2人がどのように出会い、結婚する事になったのか。お寺の生活ってどんなものなのか。 どうすれば苦労を楽しいものに変える事ができたか、楽しく刺激的な田舎暮らしのススメなど、盛りだくさんの内容を漫画と文で紹介していきたいと思います。みなさま、どうぞお楽しみ下さい★

 

 

 

私たちは友人の紹介で知り合いました。

その頃の私は職を失い、おまけに失恋の最中という、まさに何もかもゼロになった状態でした。そんな所にふと友人から紹介の話を持ちかけられたのです。(縁って本当に不思議!)友人曰く、彼は「浮世離れしている」との事だったのですが、浮世離れをしている彼が私にピッタリって一体どういう事よ!?と怪訝に思いました(笑)私は紹介をしてもらう事に、やや抵抗があったのですが、好奇心からその紹介を受けてみる事にしました。お坊さんと知り合えるチャンスなんてもう二度とないだろうと思ったので(笑)

それまで、お坊さんは別の世界の人だと思っていました。 へ〜!お坊さんも恋とか結婚とかできるのね!この時は、そんな事を考えていました。そのくらい仏教やお坊さんの事には疎かったのです。 普通に生きていたら、お葬式や法事以外でお坊さんと会う事も話す事も無い、ましてや会話を交える事なんてないのがほとんどかな?と思います。 実は、紹介をしてくれた友人もお坊さんのカレがいました。お坊さんはいいよ〜と勧められたのも、心強かったものです(笑) 失恋の傷も癒え、前に進もうと思い始めた頃だったので、タイミングも良かったのかもしれません。 お坊さんってどんな人なのかな〜?と興味をそそられたのでした。 (ちなみに、やっぱり今でも夫は別の世界の人だと思っています)

 

実際に会うまでの数ヶ月は LINE をしたり電話をしたりしていました。お坊さんとどういう会話やデートをしてきたのか?…日常のクスッと笑えるネタを紹介していきたいと思います。

な〜んにもありがたくない話ですが(笑)暇つぶしに、おやつのお供に…気軽にお楽しみ頂けたら幸せです。

 

ミナミ

デザイナー・イラストレーター。愛媛県出身のアラサー。関西の芸大でグラフィックデザインを専攻。レトロな物と犬、きのこが好き。2016年秋、お坊さんと結婚し、未知なる仏教の世界へ。仏教といえば手塚治虫の「ブッダ」を読んだくらい。最近はお寺にあるもので、デザインの材料を集めようと企み中。今まで縁のなかったお寺の生活で、びっくりした事や苦労した事、楽しい田舎の暮らしなどを漫画で紹介します。