蒸しロール白菜

白菜と言えば、鍋の具材として不動の地位を築いている野菜ですが、この事実からもお分かりの通り、冬が旬の野菜です。 火を入れると甘味が際立つので、今回は蒸してみました。 しかもトマトソースで頂きます。
今回は大人の皆様に、洋風テイストな精進料理をご紹介致します。

【レシピ】 <2人分>
・白菜・・・大2枚
・エリンギ・・・1/2本
・人参・・・1/4本

< タネの材料 >
・木綿豆腐・・・1/2丁 (150g) の水を抜いたもの
・スイートコーン (缶詰) ・・・大さじ3

・薄口醤油・・・小さじ2
・煮きりみりん・・・小さじ2
・塩・・・小さじ1
・片栗粉・・・小さじ1

< トマトソースの材料 >
昆布だし・・・120g
椎茸だし・・・40g
・トマトピューレ・・・大さじ2
・舞茸・・・少々
・切れ目を入れた白菜の芯・・・少々
・セロリの葉・・・少々
・みりん・・・小さじ2
・塩・・・少々
・薄口醤油・・・小さじ2
・スイートコーンの残り汁・・・大さじ2

【 作り方 】  出来上がりTIME 60分 (豆腐の水切り時間を含まない)
(1) まず、トマトソースを作る。 鍋に <トマトソースの材料> を入れ、沸騰手前の状態を弱火で 30分間キープしたら火を消して味を馴染ませる。

(2) トマトソースを作っている間に、エリンギと人参を厚さ 5mm、幅3cmの短冊切りにする。 白菜は分量を軽く塩茹でした後、使いやすい大きさに切ってペーパータオルで水分をよく取り除く。

(3) ボウルに <タネの材料> を入れて、よく混ぜ合わせる。

(4) (2)の白菜を1枚用意し、まず (3) を薄く敷き、中に (2)のエリンギと人参を置いてロールキャベツの要領で空気を入れないように巻き込む。 それをラップで包み、蒸し器で15分間蒸す。 蒸し器がなければ電子レンジでも可。

(5) (4) を 2から3等分程度の食べやすい大きさに切り、トマトソースをかけて出来上がり。

作り方のポイント
・ 白菜の芯付近まで使用すると、白菜の味が勝ちすぎるので、青い部分を中心に使用すると味のバランスも良いし、巻きやすいですよ。
・ 今回はエリンギと人参を使いましたが、中に巻き込む野菜は、冷蔵庫に残っている野菜でも構いません。

ひとこと
・ トマトソースは煮立たせてしまうとアクが大量に出てしまうので、トロ火でゆっくり味を馴染ませましょう。
・ トマトソースには是非、セロリの葉の部分を使用してください。 私の経験では、茎よりも葉の方が良い風味になるようです。

吉村 昇洋

1977年3月生まれ。広島市街にある曹洞宗八屋山普門寺副住職。 相愛大学非常勤講師。 駒澤大学大学院にて仏教学修士を取得後、仏教を学問する世界から飛び出して実践の場を求め、曹洞宗大本山永平寺にて2年2ヶ月間の修行生活を送る。その後、広島国際大学大学院にて臨床心理修士を取得し、現在臨床心理士としても活動している。 彼岸寺では、2005年より【禅僧の台所 〜オトナの精進料理〜】を展開する。 現在、精進料理のみならず、禅仏教や臨床心理学、仏教マンガに関しても積極的に執筆や講演の活動を行っている。