【6/22】落語の中に見える仏教?落語会「誰そ彼 −名づけるということ−」開催

落語と日本の仏教。一見すると無関係なこの2つが、実はとても深い関係にあった。そんなことが最近よく知られるようになってきました。今回ご紹介する落語会では、柳家三三さんの落語「万金丹」と「寿限無」の2席に加え、落語と宗教性との関係に造形の深い相愛大学教授・釈徹宗さんと浄土真宗本願寺派総合研究所研究員・橋本順正さんの対談も予定されており、落語と日本仏教とのディープな関わりにスポットを当てるような内容となりそうです。

以下、主催者よりいただいたご案内もぜひご一読ください!


「名は体をあらわす」ということわざがあります。
人や物の名前は、その中身や性質を的確に表すことが多いという意味です。
第7回目となる落語企画は「名づけるということ」をテーマに開催します。

この世のあらゆる名前には、名づけ親が存在します。
そこには名づける側の意図や考えが潜んでいて、名づける側の願いが込められています。親が子どもに「こう生きて欲しい」という強い願いをこめるケースは少なくありません。

それは仏教でも同じです。大日如来、薬師如来、阿弥陀如来…。いろんな仏さまがいて、名前にはそれぞれ意味があります。そして、私たちの名前となる「戒名」や「法名」というものも、やはり無意味な漢字ではありません。

一般的に、戒名や法名と聞きますと「ちょっとよくわからないけど死んだらつけるみたい」「長いほうが死者のためになるらしい」といった話をときどき耳にしますが、実際はどうなのでしょうか。

「何で戒名がいるの?」「法名つけると何かいいことあるの?」「法名も戒名も同じでしょ?」戒名(法名)という言葉は知っていても、その意味となると多くのひとが知りません。
なぜ新たな名を名乗るのか、名づけるとはどういう意味をもつのかを考えてみます。

落語を演じてくださるのは、柳家三三師匠。落語ではどのように「戒名(法名)」が語られるのでしょう。対談ゲストには、第1回からのご出演となる釈徹宗先生。ホストは総合研究所の橋本順正研究助手。

私たちが授かる、あるいは自らつける名前について、名づける側の意図や願いを考えてみませんか。

 

日 時 2018年6月22日 (金) 17:30 開場、18:30 開演
会 場 浜離宮朝日ホール 小ホール (東京都中央区築地5丁目3−2 朝日新聞東京本社 新館)
出演者 落語口演:柳家三三 落語2席「万金丹」「寿限無」(予定)
対  談:釈徹宗(相愛大学教授)× 橋本順正(総合研究所研究助手)
入場料 2,000 円(全席指定)※入場料は当日お納め下さい。
お申込み 往復はがきで受付いたします。先着順に座席指定で返信いたします。(満席の場合はご容赦ください)
はがきには下記の内容をご記入願います。
往信
(表):〒108-0073東京都港区三田4-11-30常教寺内
「落語の中の浄土真宗」実行委員会
(裏):希望者の住所・氏名・電話番号・人数
※はがき1 枚につき2 名までとさせていただきます。
返信
(表):希望者の住所・氏名
(裏):空白(座席などのご連絡を当方で記入いたします)
申込期間:3 月5日(月)~ 6月1 5 日(金)消印有効(お返事は順次発送いたします)
主 催 「落語の中の浄土真宗」実行委員会
後 援 浄土真宗本願寺派総合研究所東京支所、浄土真宗本願寺派常教寺
お問合せ  浄土真宗本願寺派常教寺 TEL 03-3451-7094
※平日10:00 ~ 16:00
※詳細は下記HP でもご確認いただけます。
http://jiri.jp/?page_id=92

 

彼岸寺

彼岸寺は、仏教とあなたのご縁を結ぶ、インターネット上のお寺です。 誰もが、一人ひとりの仏教をのびのびと語り、共有できる、そんなお寺です。