現代版寺子屋「スクール・ナーランダ」のスペシャルな記録ムービーが公開!

彼岸寺でもレポートしました、浄土真宗本願寺派が開催する現代版寺子屋「スクール・ナーランダ」。2月に京都、3月に富山・高岡市にて開かれたこの新たな学びの場が、この度記録ムービーとしてYouTubeにて公開されました。

これから社会に出る10〜20代の方たちに、仏教をはじめ科学や芸術、哲学など、多様な分野で人類が積み重ねてきた叡智に横断的に触れてもらい、ひとりひとりの生き方の軸をつくる場にしてほしいとの想いで企画された「スクール・ナーランダ」。

このムービーでは、2月に京都で開催されたvol.1の様子が記録されています。本願寺の書院・飛雲閣を巡るツアーの様子や、実際の講義の雰囲気など、当日のプログラムのエッセンスが映し出されているとともに、準備段階から関わった学生たちや、参加者の様子や声、そして実際に講演された森本千絵(アートディレクター)さんのインタビューも織り交ぜられたスペシャルな動画となっています。

映像のディレクションを担当されたのは、デヴィッド・ボウイの大回顧展「DAVID BOWIE is」東京展など、展覧会やアーティストイメージの撮影を数多く行う写真・映像作家の山中慎太郎(Qsyum!)さん。5分22秒の動画で、仏教と多様な分野の智慧を共有し、本質的で深い学びの機会となった「スクール・ナーランダ」の雰囲気が多角的に映し出されています。

「スクール・ナーランダ」は、すでに次回の開催に向けて動き出しており、vol.3が2017年12月に京都で、vol.4が東京・築地本願寺(開催時期未定)で予定されているのだとか。

今回、残念ながら参加が叶わなかった方も、ぜひこの動画を見ていただいて雰囲気を感じていただくとともに、次回の参加のために気持ちを高めていただけたらと思います。

「スクール・ナーランダチャンネル」:https://youtu.be/DVNuA0hNN0c

【Vol.1京都開催概要】
・日時:2017年2月4日(土)・5日(日)10:00〜17:30
・会場:本願寺及び伝道院
・テーマ:わけへだてと共感
・講師(敬称略):
天岸淨圓(浄土真宗本願寺派僧侶)
高橋英之(認知科学者)
森本千絵(コミュニケーションディレクター、アートディレクター)
小池秀章(浄土真宗本願寺派僧侶)
川瀬慈 (映像人類学者)
環ROY (ラッパー、音楽家)

【Vol.2富山開催概要】
・日時:2017年3月4日(土)・5日(日)10:00〜17:30
・会場:飛鳥山善興寺、他
・テーマ:「土徳–土地からのいただきもの」が育むものづくり
・講師(敬称略):
太田浩史(真宗大谷派僧侶)
觀山正見(天文学者)
内藤礼(美術家)
飛鳥寛静(浄土真宗本願寺派僧侶)
能作克治(金属鋳物メーカー)
島谷好徳(鍛金職人)

【イベント公式ページ(Facebook)】
https://www.facebook.com/HonguanjiNalanda/

【浄土真宗本願寺派 本願寺】
http://www.hongwanji.or.jp

日下 賢裕

不思議なご縁で彼岸寺の代表を務めています。念仏推しのお坊さんです。