[転載]お仏壇の置き場所や方角はどうすればいいの?(浄土真宗編)

新しくお仏壇をむかえられる方によくいただく質問がこちら。

「お仏壇を置く方角って何か決まりがありますか?」

今日は新しくお仏壇を迎えられたり、引っ越した時に気になるお仏壇を安置する向きについて解説します。

>>元記事:お仏壇の置き場所や方角はどうすればいいの?(浄土真宗編)へんもぶろぐ

お仏壇を置く方角に決まりはあるの?

結論から言うと、方角はどこ向きでもよいということになります。

じゃあ家のどこでも好きなように置いていいのか?

というと、そういうわけでもないのでこの後の解説を読んでくださいね。

 

浄土真宗では西向きに拝むことが多い

浄土真宗ではお寺を建てる時やお仏壇を安置するときに西に向かって手を合わせるようにつくられることが多いです。

東西の本願寺もそうですし、うちのお寺の本山・興正寺も本堂は西に向かって手を合わせる構造です。

これはお経の中に阿弥陀仏の極楽浄土は西方にあるという記述があって、それにならっているからなのです。

而時仏告 長老舎利弗 従是西方 過十万億仏土 有世界 名曰極楽 其土有仏 号阿弥陀 今現在説法・・・(仏説阿弥陀経より)

お釈迦さま

 

「(意訳)聞いてや舎利弗くん。ここから西の方角のめちゃんこ遠いところに仏の世界があるんやで。その場所の名前を「極楽」っていうんや。そこには阿弥陀仏っていう仏さまがいて、今なお説法してはるんやで・・・」

 

これを参考にしているんですね。

 

実際の住宅事情を考えると再現できないことが多い

お仏壇はお寺の縮小版ですから、できることならこのお寺の様式にならって西に向いて拝める形がとれれば理想的です。

しかし家の間取りを考えると難しい事も多いですよね。

例えば西側に窓のあるワンルームの家で西向きに拝むように仏壇を置こうとすると窓を封鎖してしまいますね。

それでは生活に支障がでますので、部屋のレイアウトにあわせて置ける場所に安置していただいたら結構です。

▼実際にうちはお寺ですが本堂は南向きに作られていて、手を合わせる方角は北向きになっています。

仏さまの教えはいつでも・どこでも・誰にでも開かれている教えです。

「西に向かってお念仏した人以外はアウト〜!!」みたいなことはないんですよね。

方角によって何かが左右されるということはありません。

土地の形や環境によって再現できないことも多いので仏壇を置く方角は気になさらなくて結構です。

 

そもそも仏壇とは何か?はおさえておこう

方角はどの向きでもいいんですが、仏壇とはどういうものか?は理解しておいてほしいところ。

そもそもお仏壇とは何なのか?という記事にも書きましたが、お仏壇とは仏の世界である浄土世界のジオラマです。

仏の世界の表現ですから尊いものであるという認識は持っておくべきで、粗末な扱いにはならないようにしましょう。

▼こちらもあわせてお目通しください。

仏壇って必要!? そもそも仏壇とは何なのか?[浄土真宗編]

お仏壇を迎え手を合わせるというのは仏さまを讃え、その世界に頷かせて頂くということ。

ご先祖や亡くなった家族の姿を通して、仏の教えに出会う場所です。

ですから、家の中でも中心にあるべき大事なものとして、一番格の高い場所に置かれてきました。

和風建築で一番格の高い場所は床の間です。

お仏壇が床の間の中、もしくはその横に安置されていることが多いのはこのような敬意をあらわした形なのです。

 

現代の住宅事情にあわせて大切にしたらいいですよ

しかし、生活様式も住宅事情も一昔前の昭和の時代とは大きく変わりました。

今や新しく建てた家には和室のない家も多く、ましてや人が集まれるような大広間を作るなんてことはほとんどありません。

ですからお仏壇の形は昔のように大きなものを用意するのは無理がありますので、家のサイズや部屋のサイズに合わせてモダン仏壇でもかまいませんよ。

大事なことは手を合わせ、生き方を学ぶということです。

ですからお仏壇は方角はどの向きでもいいので、寝室でもリビングでも家族が集まり手を合わせられる場所に置いてください。

極端に湿度や温度が高いとか、直射日光があたりつづけるような場所は避けましょう(木製品ですのでカビたり塗装が傷んだりするという物理的な理由です。)

お仏壇だけを用意するだけではなくきちんとご本尊をお迎えしましょうね!

粗末な扱いにならないように気をつけましょう。

関連:>>お仏壇をお得に購入できるクーポンの発行方法

こんな記事も興味あるかも?

お坊さんがオススメする香りのいい線香まとめ
お仏壇の平常時の飾り方
仏壇にはお水はお供えしなくていいよ!
お参りするとき「おりん」は鳴らさなくてもいい!
安くて便利な弔電の送り方と文例を紹介。

 

こちらの記事は【へんもぶろぐ】の「仏壇って必要!? そもそも仏壇とは何なのか?[浄土真宗編]」より転載いたしました。
リンクやシェアなどされる際は、こちらの元記事よりお願いいたします。

三原貴嗣

真宗興正派 善照寺第21代目住職。 法務を勤める傍ら、フットバッグというスポーツで日本一をとった経験からステージパフォーマンスに出演することも。 現在は自身の運営する月間13万pvの「へんもぶろぐ」の執筆にも力をいれておりブロガーとしても活動中。