三浦祥敬

1991年佐賀の禅宗のお寺生まれ。京都大学進学後、独自に「学び」「表現」を探究、就職後独立し、2017年10月、TRANSITION・PROJECTを開始、現在に至る。イベントデザイン・ワークショップデザイン・プロデュースなどを仕事にしながら主に東京で活動中。仏教の活用可能性を拓くことを意識しながら、仏教に留まらずアートやアカデミズム、ビジネスの領域の間で、人が哲学的に問い続ける機会作りを実施している。