仏教人 個人プロフィール

目次 > 仏教人TOP > 町田宗鳳 のプロフィール  町田宗鳳の近況RSS
56
まちだ そうほう

町田宗鳳

種別:個人  
町田宗鳳
1950年京都市生まれ。14歳で出家。以来20年間、京都の臨済宗大徳寺で修行。34歳のとき寺を離れ、渡米。ハーバード大学神学部で神学修士号およびペンシルバニア大学東洋学部で博士号を得る。 プリンストン大学助教授、国立シンガポール大学准教授、東京外国語大学教授を経て、現在は広島大学大学院総合科学研究科教授、国際教養大学客員教授、広島大学環境平和学プロジェクト研究センター所長、平和希求委員会委員、オスロ国際平和研究所客員研究員(ノルウェー)、日本宗教学会評議員。専攻は、比較宗教学、比較文明論。 著書に『小説・法然の涙』、『愚者の知恵』、『なぜ宗教は平和を妨げるのか』、『法然対明恵』、『山の霊力』(以上、講談社)、『生きてるだけでいいんだよ』(集英社)など多数。NHK教育テレビ『こころの時代』に年間出演。 また全国各地で一般市民向け座談会「風の集い」および「健康断食」を開催している。詳しくは「町田宗鳳」のホームページ参照。

全国七都市の「風の集い」で、超宗派的なボイスメディテーションを実践しています。「ありがとう」の言霊は、宗教や民族の違いを超えて、人間の魂に浸透していきます。また隔月に、週末を利用した「健康断食」も開催しています。心と体の大掃除に効果が大きく、その結果、深い宗教体験に至る人もいます。詳細は、「町田宗鳳」のホームページをご覧ください。

このユーザーの最近のアクション

最近アクションはありません

彼岸寺内の関連記事